生活

待ち遠しいクリスマスまでを楽しむ アドベントカレンダーとは

クリスマスと言えば1年のうちでも最大級のイベントの1つです。

イエスキリスト誕生を祝う祭りですが、日本では年中行事として定着して各地で様々なイベントが開催されています。

そんな待ち遠しいイベントであるクリスマスのためのアイテムとしてアドベントカレンダーというものが存在します。

アドベントカレンダーとはどのようなものか紹介したいと思います。

スポンサーリンク


アドベントカレンダーとは

アドベント (Advent)というのが、そもそも「到来」を意味するラテン語Adventus(=アドべントゥス)から来ておりイエス・キリストの降誕を待ち望む期間のことを言います。

アドベントカレンダーとは元々はイエス・キリスト降誕の日を数えるためのものでした。

しかし日本ではアドベントカレンダーというと単にクリスマスまでの日数を数えるためのカレンダーでしかありません。

意味は同じですがね。

日数が書かれた窓を毎日開けていき全て開け終えた時にクリスマスを迎えるというものです。

12月1日から24日まで24の窓がついたものが支流なのではないでしょうか?

窓の中に詩などが入る宗教的な意味合いが強いものもありますが、日本では窓の中にお菓子が入っているアドベントカレンダーが多いです。

毎日1つずつチョコが入ってるアドベントカレンダーをショッピングセンターなどで見かけます。

アドベントカレンダーを使う意味

gift32

私も小さなときにお菓子の入ったアドベントカレンダーを利用していました。

もちろん毎日お菓子が食べられる、明日はどんなものが入っているのかな?というのも楽しみでしたが、24日が近づいてくるのが何よりも楽しみでした。

子供にとってクリスマスはサンタクロースからプレゼントを貰える一大イベントですからね。

特に小さい時はお年玉よりもおもちゃが貰えるクリスマスの方が大切な日でした。

その大切なクリスマスが1日1日近づいてくるのが1目で分かるアドベントカレンダーを毎日開くワクワク感は今も鮮明に覚えています。

クリスマスの日に何か特別なイベントを行わなくても、クリスマスケーキを買ってごちそうを食べてお祝いは多くの方がするのではないでしょうか?

クリスマスケーキと言うのは日本独自のものみたいですね。

いつもとちょっと違う1日のためにアドベントカレンダーを取り入れるとあっという間に過ぎていく12月を1日1日大切に過ごせるかもしれません。

童心に返って日々のちょっとしたプレゼントを楽しむのもいいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. ダイソー版モレスキン「ダイスキン」購入レビュー
  2. 服に付いてしまった食べ物の臭いの取り方
  3. iPhoneの電話で相手の声が聞こえない時の対処法
  4. ダイソーのモレスキン風手帳 ダイスキンダイアリー2016購入レビ…
  5. 挙式スタイルの種類と違い 選び方について
  6. 無料で入れるIKEA会員のメリットとは IKEA FAMILYに…
  7. 年賀状の返信に役立つ 一言文例のアイデア
  8. 花火を上手く撮るために注意したい3つのこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

正月太りに楽しくって簡単なコンビニ袋キックダイエット 知れば簡単 サボテンの育て方 立食パーティーのマナーについて 全米オープンテニス2015 優勝賞金は破格の4億円超 甘い恵方巻きが食べやすい 恵方ロールがおすすめ お盆に上げるお年玉? 夏の新習慣お盆玉とは ダイソー版モレスキン「ダイスキン」購入レビュー

スポンサーリンク

生活

仕事・マネー

PAGE TOP