生活

初詣のお賽銭はいくらがいいの?

お正月と言えば初詣ですね。

神社にお参りに行ってお賽銭を捧げるのは1年で初詣の時だけという方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために意外と知らないお賽銭についての知識を紹介します。

スポンサーリンク


お賽銭とは

お賽銭(さいせん)とは祈願成就のお礼として神様に奉納する金銭のことを言います。

元々はお米が供えられていましたが、貨幣が流通し始めると共に今と同じようにお金を供える風習が出来ました。

お馴染みの賽銭箱も江戸時代くらいに登場したと言われています。

少し触れましたが、お賽銭は祈願成就のお礼として行います。

「前回お願いを聞いてくださってありがとうございました」

という感謝の意味をこめてお賽銭を捧げます。

お賽銭のやり方で投げ入れる人がいますがそれは間違いで、そっとお賽銭箱に入れましょう。

お礼や感謝の気持ちを込めたものですからね。

初詣のお賽銭はいくらがいいの?

お賽銭は祈願成就のお礼として行うことがわかりました。

それでは初詣では一体いくらの金額をお賽銭として捧げればいいのでしょうか?

お賽銭を捧げる時には5円玉や100円玉を使用する方が多いのではないでしょうか。

実際にお賽銭の際に5円と100円を使う方が多いようです

5円にはご縁がありますようにというゴロ合わせの意味があります。

5円を2枚重ねる重ねてご縁がにありますように

15円でご縁が十分ありますように

などの意味があります。

ゴロ合わせだと10円が遠ざけるとマイナスの意味があるので5円と合わせて15円で使用するなど注意が必要です。

一方100円は金額に意味があります。

「5円などの小銭では申し訳ない」

という気持ちで100円をお賽銭として捧げる方が多いのです。

変な例えですが友人に手を借りた際にお礼としてジュースを買うようなそんな気持ちなのではないでしょうか?

1つ大事なことはお賽銭は「前回はありがとうございました」というお礼の気持ちとして奉納する物です。

金額はそのお礼の気持ちを持って自分で決めるものですし、「ありがとうございました」という感謝の気持ちを込めれば金額はあまり関係ないのです。

お賽銭でお札を使う時の注意点

賽銭箱にたまに白い封筒が入ってることがあります。

1000円以上のお札をお賽銭として奉納する際には、白い封筒などに新札を入れるのが正しい方法なのだそうです。

封筒にはご自身の名前と住所を記入しお賽銭としてお賽銭箱に入れます。

また新札ということは銀行などで用意してもらわなければなりません。

12月の金融機関と言うと非常に混みますので、「今年はお札をお賽銭にするぞ」と決めている方は早めに新札を用意しておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. 花火を上手く撮るために注意したい3つのこと
  2. お盆に上げるお年玉? 夏の新習慣お盆玉とは
  3. 新社会人へのプレゼント ネクタイの選び方
  4. 寄せ書きのメッセージを思いつかない人へのヒント
  5. 出し忘れた人への年賀状返信マナー
  6. 1枚500円のユニクロ ドライカラーTシャツの感想
  7. 安全第一 正しいタイヤの保管方法
  8. お盆にお供えする花の種類とマナーについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

新しい家庭を築く2人を祝う 結婚式の贈り物について 春分の日にぼたもちを食べるのはなぜ? 服に付いてしまった食べ物の臭いの取り方 桜を上手く撮るために意識したい3つのこと 全仏オープンテニス2016 錦織選手の1回戦2回戦の対戦相手について パソコン作業から目を守る フリーソフト「f.lux」
犬が逃走 迷子犬対策について

スポンサーリンク

生活

仕事・マネー

PAGE TOP