生活

ユニクロ プレミアムリネンシャツの感想

冬を抜け少しずつ暖かい日が増えてきました。

冬服とはお別れの季節ですが、この時期は着るものに困る季節でもありますね。

そこで最近話題となっている爽やかな印象のリネンシャツユニクロで購入してみました。

ユニクロのプレミアムリネンシャツはその品質とお値段で昨年も大ヒットした商品で、今年も大流行の兆しのある注目のアイテムです。

気になって買いましたがかなりいいですよ。

スポンサーリンク


そもそもリネンシャツとは

リネンシャツと言われてもあまり馴染みがないかもしれません。

リネンシャツとは麻の一種である亜麻の繊維で織られたものを言います。

服の素材と言えば私たちには綿が馴染み深いのですが綿は暖かい地域で育つ植物で、ヨーロッパの涼しい気候では麻が使用されていたそうです。

ホテルなどの場所にはリネン室と呼ばれる場所がありますが、リネンはベッドの布団カバーや枕などに利用されている強くて光沢のある布です。

ですので私は高級なイメージがありますね。

ユニクロのプレミアムリネンシャツはフランス北西部またはベルギー産の「フレンチリネン」と呼ばれる高品質なリネンを100%使用して織られているそうです。

またリネンは他の素材よりも吸水・発散性に優れているため、汗をかいても服がまとわりつかずサラっとした感触が特徴です。

春から夏にかけて活躍してくれそうなアイテムですね。

プレミアムリネンシャツの感想

プレミアムリネンシャツは肌触りがいいです。

そして何よりも安い

普通に買えば5000円を越えそうなものが2990円。

セールになれば1990円まで下がります。

何着も購入して着回せるので本当にありがたいです。

またカラーもメンズレディース問わず数十種類展開しており、思わず目移りしてしまいました。

レディースはカラフルな物が多い印象、メンズは落ち着いたカラーが多い印象ですが個人的にはメンズのほうがリネンの感触を生かしたアイテムが多いように感じました。

女性でもメンズを購入して着る方も多いようです。

3401

広げた様子です。

この柔らかい風合いと光沢が伝わると嬉しいです。

ただユニクロのワイシャツは着丈が長めのものが多く、このプレミアムリネンシャツも例外ではありません。

サイズ感も少し大きく感じたので羽織ってみて行けそうならばワンサイズ下げてもいいかもしれません。

着た感想は軽くていい感じでした。

まだそこまで暑くはないので発散性についてはわかりませんが、さらっと気持ちいい着心地です。

3402

ポケット部分を拡大してみます。

素材の感じがこれで伝わるでしょうか?

メンズにだけこのポケットがついています。

しっかりとついていますが頑張れば取ることも出来そうです。

ポケットを取っている方の写真を拝見しましたが、生地の関係かほとんど目立っていませんでした。

お手入れ方法

リネンシャツですがお手入れには気を付けないといけません。

固く絞って干すと目立つしわが付くようです。

リネンシャツのしわは特徴の1つですが繊細なしわが特徴で、間違ったお手入れで付くしわはもっと大きくて嫌なものです。

洗濯は手洗いか、洗濯機を使用する場合にはネットに入れることをおすすめします。

そして脱水し過ぎないようにしましょう。

洗濯機の場合には20~30秒前に取り出すといいです。

元々乾きやすい素材なのでちょっと湿っていても問題なく乾きます。

また強い日差しの下で干すと色ムラが発生する可能性があるので陰干しが好ましいようです。

プレミアムリネンシャツのレビューをしてみましたが買ってよかったと思います。

ぜひ皆さんもお試しください。

追加購入

プレミアムリネンシャツですが、夏日が続く今の時期でも快適に過ごせます。

何回も着ましたがサラサラの着心地が心地よく、長袖でもべたつきません。

日差しも強い中で長袖でも快適なので重宝しています。

凄く気に入ったので追加購入しました。

3463_mini

今回は濃いめの色のネイビーを購入しました。

こちらも使いやすそうな色合いで気に入りました。

柄付きのものと迷いましたが、インナートップスどちらにもコーディネートしやすそうなネイビーにして正解だったと思います。

柄付きのリネンシャツはレディースの方が明るい色で使いやすそうなアイテムが多いですね。

サイズは前回の反省を生かしてワンサイズ下げましたが、やはり下げた方がいい感じです。

肩幅さえ問題なければサイズを下げた方が綺麗に着れそうです。

3464_mini

比較してみました。

ネイビーもいい色ですね。

濃いめの色の方がクールな感じが出るので、場面によって使い分けたいです。

夏でもべとつかずに着れそうで、洗ってもすぐ乾くのでこの夏は大活躍してくれそうです。

だらしない印象にもならずに着心地もいい、それでいて一枚で決まるおすすめの商品だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. 1枚500円のユニクロ ドライカラーTシャツの感想
  2. 桜を上手く撮るために意識したい3つのこと
  3. 結婚披露宴の会場選びについて
  4. 年賀状の返信に役立つ 一言文例のアイデア
  5. 花火を上手く撮るために注意したい3つのこと
  6. 花粉の季節 マスクをしてもメガネが曇らない対策法
  7. 彼氏に送るクリスマスプレゼント おすすめ小物3点
  8. iPhoneの電話で相手の声が聞こえない時の対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

テニス試合の進み方 得点の数え方 年間王者決定戦 ATPワールドツアー・ファイナルとは 子供の夏風邪ヘルパンギーナとは 症状と保育園の対応について 新入社員が選ぶべきネクタイについて 快適な眠りのために 寝る前に深部体温を下げよう テニス最大の名誉グランドスラム ほかテニスのタイトルとは 全仏オープンテニス2015 錦織選手の4回戦の対戦相手は

スポンサーリンク

生活

仕事・マネー

PAGE TOP