健康

冷やして痩せる?レジスタントスターチとは

温かいほかほかのご飯は美味しいですね。

しかしダイエットの際には炭水化物であるお米は避けられる代表格かと思います。

食事に制限を掛けるダイエットでは炭水化物を抜いた単品を食べて過ごすわけですが、やはり主食であるご飯も食べたいですよね。

そこで注目したいのが炭水化物を冷やすと表れる機能成分レジスタントスターチです。

このレジスタントスターチを活用すればご飯を含む炭水化物を食べながらダイエットを続けられるかもしれません。

冷やして痩せる?レジスタントスターチとはどのような成分か見ていきましょう。

スポンサーリンク


レジスタントスターチとは

レジスタントスターチとは、ヒトの小腸まででは消化されずに大腸に送られるでんぷんの総称です。

レジスタントは消化しにくいという意味で、スターチはでんぷんですので消化しにくいでんぷん=難消化性でんぷんとも呼ばれます。

レジスタントスターチは非常に消化されにくいでんぷんで、便秘に良いとされる食物繊維のような働きをしてくれます。

食物繊維と言っても水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の効能が違う2種類があり、バランスよく両方の食物繊維を食べないと効果を十分に発揮してくれません。

しかしレジスタントスターチは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方の働きを合わせ持っているので、摂取するだけで便秘にも効果を発揮してくれます。

他にも血糖値の上昇抑制、コレステロールの吸収を抑制、腸内細菌に対して良い影響を与えて腸内環境を整えるなどダイエットや健康に嬉しい効果を期待できる非常に画期的な機能成分なのです。

レジスタントスターチの作り方

一部の穀物にはレジスタントスターチが含まれています。

ご飯などの炭水化物では冷やすことででんぷんの一部を消化されにくいレジスタントスターチに変化させることが出来ます。

ですので全く同じ量のご飯を食べても温かいものと冷たいものでは摂取カロリーに違いが出てきます。

一説には温かいご飯と比べて2分の1までカロリーをカットできるとも言われているので、普通の食事でもただご飯を冷やすだけで効果を期待出来そうです。

具体的なレジスタントスターチの作り方ですが、4~5度がでんぷんの変化を促す最適な温度の様です。

ちょうど冷蔵庫の温度ですね。

ですので冷蔵庫でお冷ご飯にしてから食べると効果的です。

ただし一旦冷やした後に再び過熱してしまうと、せっかくのレジスタントスターチが再び消化しやすいでんぷんに戻ってしまうので冷たいまま食べる必要があります。

話題となったおにぎりダイエットというものがありましたが、これはレジスタントスターチの効果を使ったダイエット方法だったようですね。

冷めたご飯では味気なくともおにぎりにしてしまえば食べやすく、1日は保存できるので例えば夜のうちに作り置きして冷蔵庫に閉まっておけば朝気軽に食べれるのでオススメです。

他にも炭水化物の含まれるパンやパスタ、じゃがいも小豆とうもろこしでもレジスタントスターチは作ることが出来ます。

カロリーをカットできるだけでなく、お通じを良くして腸内環境を整えてくれるレジスタントスターチを効果的に活用してダイエットに取り入れてみて下さい。

ちょっと食べ方を変えるだけで驚きの成果が生まれるかもしれませんよ。

主食を冷やすだけなので気軽に始められるのもいいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. ダイエットに効果的ケトン体とは 危険性や検査測定
  2. 紫外線対策に効果的な服の色は白色?黒色?
  3. ドライアイの症状を知って悪化を防ごう
  4. コラーゲンは食べ物から摂取しても効果がない?
  5. 子供の夏風邪ヘルパンギーナとは 症状と保育園の対応について
  6. 痛い日焼けの対処法
  7. これからが本番 強い紫外線から目を守れ
  8. 寝る時に靴下を履くのは本当にダメなのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

トヨタ新型株は元本保証 その詳細について コラーゲンは食べ物から摂取しても効果がない? Dell 7460を持ち運ぶためにインナーケースZEROSHOCKを購入しました
お墓のお手入れ 掃除の方法について インフルエンザの予防接種 最適な時期は 新入社員が選ぶべきネクタイについて 確定申告の医療費控除 交通費の書き方について

スポンサーリンク

生活

仕事・マネー

PAGE TOP