仕事・マネー

老後を豊かに リバースモーゲージとは

高齢者が生活に不安を感じていたり思い描いていたような豊かな老後を送れていないケースが増えているようです。

少子高齢化や長引く不況の影響で自分の子供に頼れない、貯蓄も少ないという方が増えています。

そこで注目されているのがリバースモーゲージという金融商品です。

今注目されるリバースモーゲージについてご紹介します。

スポンサーリンク


リバースモーゲージとは

高齢者が所有する自宅を担保にして生活に必要な資金を融資してもらうという仕組みの金融商品です。

reverse=逆、反対  mortgage=抵当、担保

という意味ですので逆住宅ローンと言えば想像もしやすいでしょうか?

つまりこのリバースモーゲージを利用すれば住み慣れたマイホームに暮らしながら年金などの老後資金に融資されたお金を足してより豊かな老後を送ることが可能となります。

都市銀行や地方銀行など取扱銀行も徐々に増えており受け取った資金の使用用途が自由な商品もあるため、海外旅行のための資金として利用することも可能なようです。

年金で生活するだけで精一杯というご家庭にはかなり有用な金融商品なのではないでしょうか。

 

素晴らしい制度なのですが、担保となる不動産に一定の価値がないと融資を受けられません。

特にリバースモーゲージの不動産には建物は含まれず基本的に土地が対象となります

一部には建物が含まれる商品もあるようですが、基本的には土地が対象ですのでマンションなどの方は利用が出来ません。

金融機関は不動産価格が下落し担保割れを起こすのを恐れているため、融資する限度額を担保となる不動産の評価額よりもかなり低く設定しています。

つまり不動産価値の高い土地を所有している必要があるのです

ですので利用できるのがより不動産価値の高い都市部の人々に限定される傾向があるようです。

リバースモーゲージの注意点

リバースモーゲージを利用する際に気を付けなければならないのは自分の最大の財産である自宅不動産を担保に入れている点です。

いくつかのケースが考えられます。

1つは融資額を超えて借りたお金を使用してしまったり、不動産価値が大幅に下落するようなケースです。

不動産価値はデフレなどの影響を受けるため景気によって影響を受けます。

もう1つは融資期間よりもずっと長生きしてしまうケースです。

これらのケースに該当するとお金も自宅も何もかも失って身1つになってしまいます。

 

自宅不動産を処分して小さなマンションに引っ越しをしたり老人ホームに入ったり子供との同居という選択肢もあります。

ただもう1つの選択肢としてマイホームに住みながら融資を受けられるリバースモーゲージも頭に入っていると老後の暮らし方の幅も広がるのではないでしょうか。

リバースモーゲージのご利用の際には扱っている金融機関に相談の上ご家族などともよく話し合いを行ってください

またお子さんがおられる場合には自宅を担保に入れてお金を受け取るため相続は出来ない旨をよーく説明し、話し合いを重ねた上でリバースモーゲージを検討ください。

相続人全員の承諾がない限り契約できない仕組みにはなっていますが、話し合いを疎かにするとトラブルの原因となりますのでご注意を。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. 退職金 一時金と年金どっちがお得?
  2. 意外と知らない敷金とは
  3. 確定申告の医療費控除 交通費の書き方について
  4. 貯金に税金が!? 貯蓄税とは
  5. クレジットカードのポイントは即使おう
  6. たった2%? 軽減税率のデメリットを考える
  7. 消費税の逆進性とは
  8. 分かれば簡単 医療費控除とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

新しい家庭を築く2人を祝う 結婚式の贈り物について お盆に上げるお年玉? 夏の新習慣お盆玉とは スーパーフライデーのメールが急に来なくなった時の対処法 中古椅子を実際に見て買う際のポイントについて Amazon Fire HD8(2017)購入レビュー 高コスパのタブレット入門機 ドライアイを防ぐために生活上気を付けたいこと ダイソー版モレスキン「ダイスキン」購入レビュー

スポンサーリンク

生活

仕事・マネー

PAGE TOP