グルメ

真っ赤なフキのような植物 ルバーブとは

ルバーブという植物をご存知でしょうか?

真っ赤なフキのような見た目の植物です。

日本ではほとんどなじみのない植物ですね。

ただ欧米ではスーパーで普通に売っているくらい普及している植物で、日本でもお菓子などの加工品として少しずつ見かけるようになりました。

一体ルバーブとはどのような植物なのか調べてみました。

スポンサーリンク


ルバーブとは

ルバーブとはシベリア原産のダイオウ属の植物です。

ルバーブの根は漢方薬である「大黄(ダイオウ)」になります。

大黄(ダイオウ)は便秘薬として使われる漢方薬です。

フキのような見た目ですがこの葉っぱもシュウ酸を多く含むため食べられません。

食用として今回紹介するルバーブは主に茎の部分を示します。

食物繊維を多く含む健康に役立つ植物です。

 

欧米では主にジャムやお菓子にして使用しています。

野菜のような見た目のルバーブがジャムになるというのも不思議な話ですね。

レシピとしては非常に簡単でルバーブの茎の部分を水に浸してえぐみを取り、15分ほど砂糖と共に煮込むだけです。

他にも欧米ではイチゴやはちみつと共に煮込んでジャムにするようで、そのようなレシピも公開されていました。

ルバーブジャムの味ですが爽やかな青りんご系統の味になるようです。

ルバーブの種類 赤と緑の違いとは

ルバーブには茎の色が緑色のものと赤色の物が存在します。

赤いものは突然変異で発生し、何代も代を重ねて安定した赤いルバーブになるのだそうです。

一般的には緑色の物の方が味はいいようですが、ジャムやお菓子に使用する際には彩りがいい赤いルバーブが好まれます。

ルバーブが普及する欧米では赤くて味も良い栽培方法が確立されているようですね。

赤いルバーブには日照時間が大きく関わってくるらしいです。

味や見た目に差はありますが基本的には同じものです。

ルバーブを手に入れるには

日本ではほとんど見かけませんね。

特に赤いルバーブを日本で手に入れるためには、実際に赤いルバーブを使用してジャムやお菓子を製造しているお店に問い合わせる必要があるかもしれません。

日本でも長野県では生産されているようで、直売所などで販売されているという情報がありました。

長野県在住の友人知人がいる方は問い合わせてみると意外と簡単に入手してもらえるかもしれません。

ルバーブはシベリア原産であるため寒冷地帯で生産されることが多いため他にも北海道など寒い地域で作られているようです。

ルバーブは今は手に入りにくいです。

ただ鳥獣被害を受けない植物として農家の間でも少しずつ注目を浴びています。

鳥獣被害を受けないだけでなく栽培にもほとんど手間がかからない為、高齢化が進む農家の方々に好評のようです。

ルバーブを少しずつ育てる方が増え消費者の認知度も上がれば、もしかしたら日本でも簡単に入手できる植物になるかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. 海外で紅茶はティーとは言わない? ブラックティーとは 
  2. イチゴ狩りをよりお得に楽しむ3つのポイント
  3. 砂糖なのに太りにくい? 希少糖とは
  4. 美味しい紅茶の淹れ方
  5. にんにくを長持ちさせる保存法
  6. ダイエットにも美容にも効果的 チアシードとは
  7. 節分の縁起物恵方巻きとは 2015年の方角
  8. 復活祭イースターのお菓子について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

服の福袋 失敗しない為に考えたいこと 消費税の逆進性とは 寝る時に靴下を履くのは本当にダメなのか お盆に上げるお年玉? 夏の新習慣お盆玉とは 新しい家庭を築く2人を祝う 結婚式の贈り物について 桜を上手く撮るために意識したい3つのこと 0か100か思考のクセ 二分割思考とは

スポンサーリンク

生活

仕事・マネー

PAGE TOP