生活

寄せ書きのメッセージを思いつかない人へのヒント

3月と言えば別れの季節、卒業や異動・退職などで寄せ書きを書く機会も多いと思います。

でもなかなかメッセージが思いつかない人もいると思います。

私も苦手でこの季節は苦戦しました。

複数の人へそれぞれ寄せ書きを書くとなるともっと大変ですよね。

ついつい「今までありがとうございました、これからも頑張ってください」と何とも味気ないメッセージを書いてしまうこともありました。

そこで寄せ書きのメッセージを思いつかない人へのヒントと題して私のアイデアを紹介します。

スポンサーリンク


印象に残ったエピソードを書こう

その人のことを考えた時に1つくらい印象に残ったエピソードがあるはずです。

迷惑を掛けた・掛けられた、どこかに遊びに行った思い出、面白かった出来事、辛い地獄の日々…

共に過ごした人なら何か1つは絶対にあるはずです。

そのエピソードを具体的に書くだけでぐっとオリジナリティーが出ますし、貰った方も思い出がよみがえり嬉しいものです。

「最初の日にお皿を20枚割ってしまってすいませんでした」

「あの時のコーヒーのシミは今でも残っています」

「誰も肉を持ってこなかった肉なしバーベキューは楽しかった」

「毎日終電のあのプロジェクトは悪夢でした」

こんな例文でも味気ないメッセージよりずっと心のこもったものに見えるのではないでしょうか?

また具体的なエピソードが思いつけば次の文章もスムーズに浮かびます。

まずは共通の印象に残ったエピソードを具体的に思い出して書いてみましょう。

励ます言葉

寄せ書きを改めて見るのはどんな時でしょう?

掃除をしていてたまたま見つけるのもそうですが、何か自信を無くした時に寄せ書きを見るのではないかなと私は思います。

その人のすごいと思ったところ、その団体でその人が果たしていた役割などほめて励まされる言葉が書いてあるとそんな時に力になるはずです。

「困った時に○○さんすぐに気づいて助けてくれました」

「いつも場を和ませてくれました」

「お客様への対応を見習わなければならないと思います」

などその人のここが凄かったというものを書いてあげましょう。

今いる場所では当たり前のように発揮されている強みも、場所が変わったらうまく発揮出来ずに自信を失うこともあると思います。

そんな当たり前のその人の強みを具体的に書いてあげるだけで力になることもあるはずです。

寄せ書きのメッセージを思いつかない人へのヒントを簡単に書いてみました。

素敵なメッセージを書くお手伝いが出来れば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. 安全第一 正しいタイヤの保管方法
  2. 桜を上手く撮るために意識したい3つのこと
  3. 犬が逃走 迷子犬対策について
  4. 服の福袋 失敗しない為に考えたいこと
  5. 初詣のお賽銭はいくらがいいの?
  6. イトーキプラオチェア購入 レビュー
  7. バーベキュー準備しておくと便利で役立つ小物3点
  8. お墓のお手入れ 掃除の方法について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

テニスのメディカルタイムアウトと途中棄権について 選挙や投票で白票の意味はあるのか 彼氏に送るクリスマスプレゼント おすすめ小物3点 新入社員が選ぶべきネクタイについて 困難に打ち勝つ心 レジリエンスとは何か 全仏オープンテニス2016 錦織選手の1回戦2回戦の対戦相手について 老後を豊かに リバースモーゲージとは

スポンサーリンク

生活

仕事・マネー

PAGE TOP