生活

お盆に上げるお年玉? 夏の新習慣お盆玉とは

お盆玉という聞き慣れない言葉を目にする機会が増えてきました。

花火みたいなものかと思ったらお盆に上げるお年玉お盆玉と言うそうです。

比較的最近出来た言葉の様ですが、夏の新習慣として定着するのでしょうか。

広がりを見せるお盆に上げるお年玉、お盆玉とはどのようなものか調べてみました。

スポンサーリンク


お盆玉とは

お盆に帰省した子供達や孫にお年玉のようにお小遣いを上げるのが「お盆玉」です。

最近では日本郵便がお盆玉を入れるためのポチ袋を販売するなど少しずつ新しい習慣として広がりを見せています。

新たに作り出した風習ではなく東北地方の一部に根付いていたものを全国的なものにしようとする動きがあるようです。

夏に奉公人に対して衣類や下駄などを渡す風習が変化して子供にお小遣いを上げるようになったようです。

東北地方では「盆玉(ぼんだま)」と呼ばれているようですが、全国的にはお盆玉として売り出すようですね。

お盆の時期に帰省してくるお子さんやお孫さんにお小遣いを上げる人も多くいるでしょうから、上手く商機を掴んだなと感じました。

また今までお小遣いを渡したくても渡せなかった人も、お盆玉と書かれたポチ袋に入れて「こういう習慣があるんだって」と言えば渡しやすくなりますね。

お盆玉の相場について

新しい習慣なので相場もあいまいです。

お年玉と同額くらいという意見もありますが、私はその半分以下でも良いと思います。

子供の立場になると暑い夏にはついつい飲み物やアイスなどを買い食いしたくなるものです。

私も学生時代にはよく買い食いをしていました。

暑い日差しの中で友人と食べるアイスは何よりも美味しかった記憶があります。

なのでたとえ500円でも貰えるのであれば夏は嬉しいと思います。

集まる親族との兼ね合いもありますし、もしお盆玉を渡すのであれば相談し合って金額を調整するといいでしょう。

また集まる子供や孫が多い家庭ではお盆玉は大きな負担になる可能性もあります。

お年玉もあるのにお盆玉も同額を渡すのでは2倍の負担になりますからね。

「これでみんなでジュースでも飲みなさい」と言って数百円渡す程度でも子供は嬉しいと思いますので、くれぐれも無理はなさらないように。

お盆玉と書かれたポチ袋が市販され始めていますが、近くには販売されていないかもしれませんね。

そんな場合には無地か柄入りのポチ袋に「お盆玉」と記入して渡しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. 1枚500円のユニクロ ドライカラーTシャツの感想
  2. お墓のお手入れ 掃除の方法について
  3. 花粉の季節 マスクをしてもメガネが曇らない対策法
  4. 出し忘れた人への年賀状返信マナー
  5. 高性能な椅子を安く手に入れる 中古椅子の選び方
  6. お盆にお供えする花の種類とマナーについて
  7. 梅雨を快適に過ごすための湿気対策
  8. 新社会人へのプレゼント ネクタイの選び方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

2000円でお得に回れる 東京のぐるっとパス2015について コラーゲンは食べ物から摂取しても効果がない? 意外と少ない? テニス観戦のマナー 退職金 一時金と年金どっちがお得? サッカーのエリアの名称 ニアとファーとは トレーニングには階段を利用すると効果的 ドライアイを防ぐために生活上気を付けたいこと

スポンサーリンク

生活

仕事・マネー

PAGE TOP