グルメ

イチゴ狩りの30分は意外と長い

イチゴ狩りと言えば冬から春にかけて定番となりつつあるイベントですね。

真っ赤な美味しいイチゴを採り立てで食べられる非常に嬉しいものです。

特にイチゴ狩りで食べ放題のところなどは行く前から張り切ってしまいます。

ところで食べ放題のイチゴ狩りには時間制限がついていることが多いのです。

場所によっては無制限や1時間なんてところもありますが、30分のところが多いような気がします。

30分と聞いて「短いな」と思う方がほとんどなのではないでしょうか?

そこで今回はこの30分という時間が本当に短いのか、実体験を交えながら考えてみました。

スポンサーリンク


90分の食べ放題で考える

ホテルやレストランで行われる食べ放題を例に考えてみます。

特にランチの食べ放題の場合時間制限が設けられているところが多いのではないでしょうか?

2時間、3時間のところもありますが90分の時間制限を設けている食べ放題が多いと思います。

さてこの90分は果たして短いのでしょうか。

90分の食べ放題ではメイン料理の時間に大体1時間、コーヒーや紅茶と共にデザートを食べる食後のデザートの時間に30分を大体配分するのではないかと思います。

私は90分の食べ放題では大体こんな時間配分をします。

これで十分に満足できますし、お腹も満腹です。

思い返してみてもデザートやケーキを30分と言う時間が短くて食べれないなんてことは1度もないです。

お腹がいっぱいで食べれないことは何度もありますけどね。

イチゴ狩りの30分は意外と長い

ランチの食べ放題のスイーツの時間とイチゴ狩りの食べ放題は同じ30分でも全然違いますね。

ランチの食べ放題ではケーキやフルーツなど非常に多くの種類を楽しむことが出来ます。

一方でイチゴ狩りは食べられるのがイチゴだけです。

しかもわざわざ取りに行かなくても目の前に常に存在しています。

そう考えるとイチゴ狩りの30分と言うのは意外と長く感じるのではないでしょうか。

ですので30分しかないと焦って食べる必要は全くないわけです。

私の体験ですが、30分は短いと最初から飛ばしてイチゴを食べたことがあります。

結果は10分ぐらいで満腹になってしまいました

しかも満腹状態で残り20分一緒に行った家族を待たなければならずかなり長く感じたのを覚えています。

伝えたかったことは

イチゴ狩りの30分は意外と長い、ゆっくり食べても30分を前に満腹になる可能性が高い

ということです。

せっかくの美味しいイチゴ、落ち着いて味わうのが一番です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. 甘い恵方巻きが食べやすい 恵方ロールがおすすめ
  2. 海外で紅茶はティーとは言わない? ブラックティーとは 
  3. 春分の日にぼたもちを食べるのはなぜ?
  4. 夏と言えば麦茶 美味しい麦茶の作り方
  5. マイルドで美味しい 水出しコーヒーとは
  6. 復活祭イースターのお菓子について
  7. 真っ赤なフキのような植物 ルバーブとは
  8. 疲労回復に効果的 梅シロップの作り方と効能について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

高級腕時計の選び方と注意点 甘い恵方巻きが食べやすい 恵方ロールがおすすめ 確定申告の医療費控除 交通費の書き方について 春分の日にぼたもちを食べるのはなぜ? 挙式スタイルの種類と違い 選び方について 貯金に税金が!? 貯蓄税とは 全仏オープンテニス2015 準々決勝の対戦相手ツォンガ選手とは

スポンサーリンク

生活

仕事・マネー

PAGE TOP