グルメ

春分の日にぼたもちを食べるのはなぜ?

春分の日と言えばお彼岸の季節ですね。

自然に感謝し春の訪れを喜ぶ日であり、卒業シーズンと言うことで別れや新しい出会いの節目となる日でもあります。

そんな春分の日ですがぼたもちを食べる習慣があります。

家庭で食べなくてもスーパーなどに行けばぼたもちを必ず目にすることでしょう。

そもそもなぜ春分の日にぼたもちを食べるのでしょうか?

調べてみました。

スポンサーリンク


春分の日になぜぼたもち?

春分の日になぜぼたもちを食べるのか?

それは春分の日が昼と夜の長さが同じ季節の節目であることが関係しています。

昼と夜が均一となるこの日は彼岸(正確には違いますがあの世のこと)と繋がる日であると考えられていました。

なので春分の日を中日として7日間をお彼岸として先祖を供養する日となっているのです。

またぼたもちが選ばれた理由として、小豆の赤色が邪気を祓い災難が身に降りかかるのを守ってくれると信じられていたからです。

この信仰が先祖の供養と合わさって春分の日にぼたもちを供え、私たちも食べるようになりました。

ぼたもちとおはぎの違い

ぼたもちと似た食べ物としておはぎがあります。

実はこの2つの食べ物名前が違うだけで同じものなのだそうです。

これは調べていて初めて知りました。

私は

ぼたもち=丸くてより小豆色に近い お菓子

おはぎ=長くてより黒っぽい ご飯

というイメージを持っていたので同じものだと知ってビックリしました。

名前は季節によって変わります。

牡丹の花が咲く春の季節に作るのが牡丹餅(ぼたもち)

萩の花が咲く季節に作るのが御萩(おはぎ)

となっていて一説には牡丹や萩の花に見たててぼたもちやおはぎを作ったという説があるそうです。

また採れたての柔らかい小豆が使える秋のおはぎはつぶあんで、寒い時期を越えて固くなった小豆で作る春のぼたもちはこしあんで作る風習もあったようですね。

最近では生産能力が上がり1年中つぶあんこしあんを楽しめる様になりましたが、昔の名残でぼたもちはつぶあんおはぎはこしあんとして認識している方もいらっしゃるかもしれませんね。

つぶあんでおはぎのつもりで作っても春に出せばぼたもちになるのですから今回初めて知った私には違和感があります。

おはぎと呼んでいる方もいるでしょうから、今回得た知識を使って「おはぎじゃなくて春にはぼたもちって言うんだよ」と教えてあげましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. 緑の辛い唐辛子 ハラペーニョとは
  2. 砂糖なのに太りにくい? 希少糖とは
  3. イチゴ狩りの30分は意外と長い
  4. 疲労回復に効果的 梅シロップの作り方と効能について
  5. ダイエットにも美容にも効果的 チアシードとは
  6. 料理にコクを加える調味料 ガストリックとは
  7. 復活祭イースターのお菓子について
  8. 甘い恵方巻きが食べやすい 恵方ロールがおすすめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

海外で紅茶はティーとは言わない? ブラックティーとは  最新技術 プロジェクションマッピングとは ATPツアーファイナル2015 組み合わせと見どころ 冷やして痩せる?レジスタントスターチとは 愛する人をこの目で 人工網膜とは 花火を上手く撮るために注意したい3つのこと 確定申告の医療費控除 交通費の書き方について

スポンサーリンク

生活

仕事・マネー

PAGE TOP